近年注目のゾーンセラピーでふくらはぎをケアする方法

ゾーンセラピーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、近年注目を集めている健康法の一つです。

 

ゾーンセラピーは体調や心の状態が体の各部位に現れるという考え方に基づいており、特に足の裏などを刺激することによって体を健康にしていこうという施術方法です。

 

その中でもゾーンセラピーにはふくらはぎに効果的な施術の方法がいくつかあります。

 

ゾーンセラピーのやり方のいくつかをご紹介しましょう。

 

まずめん棒を使って、ふくらはぎを足首の方からひざ裏にかけてさすり上げます。

 

片足を軽く上げ、めん棒を逆手に持って足首やふくらはぎの老廃物を膝に流し込むようなイメージでさすります。

 

これだけでもふくらはぎが軽くなるのを感じることでしょう。

 

ゾーンセラピーではめん棒を使ってふくらはぎの内側と外側をさすり上げるのも効果的です。

 

ふくらはぎの内側と外側とでは影響を及ぼす臓器が異なるので、両サイドをさすり上げることによって体全体に良い影響を及ぼすことができます。

 

同様にめん棒を逆手に持ち、手を上下させながらジグザグにふくらはぎをマッサージするということもできます。

 

気持ちが良い程度にめん棒でさすり上げるようにしましょう。

 

ゾーンセラピーのこの方法でふくらはぎや太ももなどに溜まっているセルライトをつぶして、さらにつきにくくすることができます。

 

ゾーンセラピーは多くの人が実際に行っている方法なので、興味のある方はぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク