ふくらはぎの低周波治療器の効果は?3つの注意すべきポイント

ふくらはぎをケアするグッズの一つに、低周波治療器があります。

 

低周波とは、弱めの電気刺激のことで、周波数を変化させることで、ふくらはぎに対するマッサージ効果の強さを調整できます。

 

低周波治療器は、むくみや筋肉の硬直などで滞ったふくらはぎの血流を、低周波を使って促進させることが主な目的です。

 

その他にも、筋肉痛などの痛みを和らげる効果があり、日常のふくらはぎケアに役立つグッズとして人気です。

 

ふくらはぎに直接貼り付けるパットとリモコンがセットになっており、ケアしたい部分にパットを貼りつけ、リモコンで周波数を調節します。

 

低周波治療器にはふくらはぎ以外の部分に使えるタイプも多く、体のコリや痛みのケアに活躍してくれます。

 

部分ごとに適切な低周波の強さと時間が設定されているため、それにしたがって刺激を加えます。

 

この時、指定された強さ以上の周波数や時間に設定したり、直射日光・高温多湿の環境で使わないように気を付けましょう。

 

また、パットが汚れた状態で利用を続けると、肌に付きにくくなるので、まめに手入れしましょう。

 

最近では水洗いできるパットの低周波治療器もありますので、こうしたお手入れの手軽さも含めて製品を選びたいですね。

 

最後に、低周波治療器は、むくみ・筋肉痛と言った、軽度の悩みを解決する手段です。

 

ふくらはぎに強い痛みがあったり、しびれるような感覚がある場合は、何かの病気のサインかもしれません。

 

このように強い違和感を覚えた時は、病院を受診して適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク