この痛みは?ふくらはぎの動脈硬化の初期症状と改善策について

ここではふくらはぎの動脈硬化の初期症状と改善策についてお話します。

 

ふくらはぎは日常生活で必ず使う筋肉の一つであり、足の方に滞っている血液を心臓の方に送り返すという非常に重要な役割を担っています。しかしそんなふくらはぎの筋肉が痛くて歩けないということがあります。

 

スポンサーリンク

ふくらはぎの痛みが実は血管の病気だったというケースも

このふくらはぎや太ももの筋肉が痛むのは、40代以上の男性に多く見られる症状です脚の病気と思われがちなのですが、実はこれは血管の病気、つまり動脈硬化なのです。

 

特に足の血管に表れる動脈硬化の事を閉塞性動脈硬化と呼び、中高年の男性にとっては身近な症状となります。特徴としてはふくらはぎや太ももの筋肉が痛くなり歩くことが困難になります。しかし少し休むと痛みがなくなり再び歩けるようになります。

 

歩いては休み、歩いては休みを繰り返しているうちに次第に歩ける距離が短くなっていきます。最悪の場合歩いていない時でも痛みを感じるようになり足を切断しなければならない人さえいるのです。

 

スポンサーリンク

 

動脈硬化をひどくしないためには、症状にいち早く気付いて対処するのが最善です。最初の症状は脚の冷えから生じます。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど血液の循環に大きな役割を担っています。

 

しかし血管が詰まってくると血液の循環がうまくゆかなくなり末端が冷えてくるのです。ふくらはぎから下の部分に軽いしびれを感じるのも初期症状の一つです。

 

ですから急に冷房が苦手になったり、足にしびれを感じたりしたのであればできるだけ早く医師の診察を受けるようにしましょう。動脈硬化は、早めの対処によってそれ以上症状がひどくなるのを抑えることができるのです。

スポンサーリンク