ふくらはぎを伸ばすと痛い時に考えらる2つの原因と改善方法

ふくらはぎを伸ばすと痛い時は、まず肉離れが考えられます。ハードな運動や、急激な運動をした時に置きやすい肉離れ。ふくらはぎを伸ばすと痛みが走り、歩行も困難なほど重症化している場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

また、肉離れ自体を起こしていなくても、ふくらはぎを伸ばすと痛いと感じるときは、ふくらはぎに疲労が溜まっている可能性も考えられます。この場合は、ふくらはぎをほぐすマッサージをしたり、入浴などで温めると、血行が良くなり痛みが楽になります。

 

※参考:マジで大切!ふくらはぎの血行は体のポンプ機能として超重要!

 

ふくらはぎは体の体重を支える重要な器官です。運動以外にも、仕事で重い荷物を運ぶときや、立ちっぱなしの仕事をするときにも、負担がかかりやすい部位です。

 

先ほど紹介した入浴やマッサージ、そして充分な睡眠によって疲労を取り除けば、伸ばすと痛い症状や、肉離れなど足のトラブルも予防できます。しかし、状況によっては、ふくらはぎのケアが十分にできない場合もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

そんな時には、ふくらはぎにどれほどの疲労が溜まっているかをマメにチェックしてください。ふくらはぎを伸ばすと痛い、と少しでも感じた場合、肉離れ予備軍又は疲労の溜まりすぎなどの原因が考えられます。

 

また、激しい痛みを伴う肉離れを起こした場合は、すぐに患部を冷やし、固定する応急処置をとりましょう。その後病院を受診し、医師の診察を必ず受けて、治療とリハビリを行ってください。

 

※参考:ふくらはぎに痛みがある時の病院は外科?内科?どっちに行く?

 

ふくらはぎを伸ばしたときの痛さは、足のコンディションのバロメーターと覚えておけば、重症化を防げるはずです。ほんのちょっとした痛みでも、放っておいたら重症化することを忘れないでください。

スポンサーリンク