ふくらはぎが時々痛むのは内臓系か神経系の疾患の可能性も?

仕事やスポーツなどでふくらはぎを酷使している方にとって、ふくらはぎの痛みは「職業病」となっているのかもしれません。

 

まして時々痛む程度の症状なんて、気に留めるほどでもない。

 

良くあることだし、筋肉痛やむくみ程度だろうと、軽く考えていませんか?

 

ふくらはぎが痛むということは、何らかの異常が発生している可能性があります。

 

常に痛む・時々痛む、どちらの場合でも、油断は禁物です。

 

時々ふくらはぎが痛むなあ、と感じる程度のものでも、放置していると重大な病を引き起こす原因になります。

 

痛みが弱い場合は、もむ・湿布を貼るなどの処置をして、痛みが引くか様子を見ましょう。

 

時々歩けないほど強い痛みがある場合は、内臓系か神経系の疾患の可能性があります。

 

そんなときは、すぐに病院を受診して、適切な治療を受けてください。

 

ふくらはぎは、人間の体を支える重要な器官です。

 

だからこそ、ちょっとした痛みでも見逃さず、何かのサインだと思って処置をしてください。

 

早期の段階で痛みの原因が突き止められたなら、治りも早く、後遺症も残りません。

 

しかし、放置して重症化してしまうと、入院や手術といった、大がかりな治療が必要になります。

 

ふくらはぎの痛みで考えられる症状には、筋肉痛や痛み以外にも、たくさんあります。

 

肉離れ・坐骨神経痛・糖尿病の関連症状など。

 

ふくらはぎが教えてくれるサインは、数えきれないほどです。

 

いつもと違う、何かがおかしい。

 

そんな感覚がしたら、大げさかもしれませんが、病院を受診してみましょう。

 

ひょっとしたら、何かの病気の前触れかもしれません。

スポンサーリンク