ふくらはぎの痛みは骨折かも?日常でこんな事をしている方は要注意!

ふくらはぎが痛い。

 

すねの内側が痛い。

 

走ったりジャンプをすると痛みを伴うという場合には、疲労骨折を疑わなければいけません。

 

ふくらはぎの部分というのは、疲労骨折をする可能性がありますのでスポーツなどをする際には充分に気をつけなければいけないのです。

 

初期の段階では、少しの痛みなのですが悪化してしまうと立っているだけでも痛みを感じたり、何もしていない状態でも痛みを伴うことになります。

 

この場合には間違いなく、疲労骨折してしまっていますので早急に治療を行う必要があります。

 

ふくらはぎが疲労骨折してしまう理由は「シンスプリント」です。

 

このシンスプリントは、筋肉が硬くなってしまい骨を引っ張ってしまいます。

 

この状態を放置してしまうことにより、疲労骨折を引き起こしてしまうのです。

 

疲労骨折になる前に、シンスプリントを治すことを考えていかなければいけません。

 

それ以前に筋肉が硬くならないように、気をつけて生活を行っていく必要があるのです。

 

スポーツ選手に多いシンスプリントではありますが、日常生活でも間違ったダイエット方法などを取り入れると筋肉が硬くなってしまう可能性がありますので気をつけるようにして下さい。

 

シンスプリントになる原因として挙げられるのは色々です。

 

例えばストレッチです。

 

ストレッチを行う際には、無理に痛みを我慢して行うのは禁物です。

 

痛みを伴うほどのストレッチをしてしまうと、筋肉が硬くなってしまう要因を作ります。

 

そして自分に合っていない靴を履いていると筋肉が硬くなってしまいますので、自分の足に合わせた靴を履くようにしましょう。

スポンサーリンク