ふくらはぎの痛みと成長痛って関係あるの?特に症状が出やすい部位について解説

子供から大人になる過程で経験する人が多い「成長痛」。

 

小さな子どもでも成長痛というのはありますので、親がきちんと見ておいてあげなければいけません。

 

成長痛というのは、小学生〜中学生に多いと言われています。

 

ですが、まだ赤ちゃんの時期である2歳からでも成長痛は感じることがありますので覚えておくようにして下さい。

 

幼稚園児などでは、きちんと痛みなどを訴えることが出来ない可能性もありますので親が成長痛なのかを見極めていかなければいけないのです。

 

成長痛というのは、決して病気というわけではありません。

 

成長する過程で痛みが伴っているだけですので、悪い病気を患っているわけではないので病院に行かなくて問題ありません。

 

成長痛を感じる部分に関しては人それぞれなのですが、足首、足の甲、ふくらはぎ、ひざ、かかとなどが多いです。

 

成長痛というのは基本的に夜〜夜中にかけて痛みが出てくるのが特徴になります。

 

夜〜夜中にかけてふくらはぎなどの痛みを訴えてきた際には成長痛による痛みの可能性があることを理解してあげましょう。

 

赤ちゃんなどが夜泣きしてしまうのも成長痛が原因という可能性もあるということです。

 

ふくらはぎの成長痛は全ての子供が感じるというわけではありません。

 

中にはふくらはぎの成長痛を一切感じること無く、成長する子も居ますので人によって違いがああります。

 

成長痛の対策としては、患部に湿布を貼る、ストレッチ、柔らかい素材の靴を履くなどが挙げられるでしょう。

 

夜中にふくらはぎに痛みなどが出てきてしまう場合には、湿布を張っておかれるのが無難です。

スポンサーリンク