ふくらはぎに痛みがあって息苦しい時の緊急的な対処法

ふくらはぎに痛みがあり、おまけに息苦しいと感じる。そんな症状が出始めたら「旅行者血栓症」の疑いがあります。

 

これは、海外旅行や出張、帰省などで長時間乗り物に乗り続けているときに現れやすい症状で、エコノミークラス症候群もその一つです。

 

ただし、現在は飛行機だけでなく、電車や高速バス、一般の自動車においても、こうした症状がでることがあるため「旅行者血栓症」と呼ばれるようになりました。

 

旅行者血栓症の原因は、長時間座ったままの姿勢を続けることと、脱水症状です。

 

この状態でいると、下半身の血の巡りが悪くなり、筋肉を圧迫することで、ふくらはぎに痛みを感じます。

 

さらに、酸素が上半身まで届きにくくなっているため、息苦しさを感じてしまうのです。

 

特に気を付けたいのは、過去にふくらはぎに血栓ができて、痛みを感じたことがある人。

 

一度血栓ができると、その影響で血栓ができやすくなってしまうからです。

 

旅行者血栓症を予防するためには、定期的に足を動かし、こまめに水分補給をすることが大切です。

 

その場で足の指を動かす・足首を回すなど、乗り物の中で移動が難しいときでも、必ず足を動かすようにしてください。

 

また、ふくらはぎの痛みと息苦しさを感じたら、すぐに助けを呼んでください。

 

長時間の旅行や移動があるときは、きちんと体調を整えておくこと、ふくらはぎの痛み・むくみ予防の用品を準備しておくなど、前もっての対策も忘れずに行うことも大切です。

スポンサーリンク