ふくらはぎが腫れて痛みがある時に代表して多い原因とは?

ふくらはぎに痛みと腫れがある場合、病気か怪我の可能性があります。

 

怪我の場合は、筋肉痛や肉離れなどが考えられます。

 

激しい運動をする習慣がある方が、ふくらはぎに過度の負担をかけた時。

 

運動の習慣のない方が、突然激しい運動をした時などに発生します。

 

特に、肉離れは歩行困難になるほど酷くなることがあります。

 

肉離れによってふくらはぎが腫れていたら、まずは冷やすこと。

 

そして、医師の診察を受けて、正しい治療とリハビリを行ってください。

 

病気の場合は、慢性的なものと一時的なものがあります。

 

一時的なものとしては、通称「エコノミークラス症候群」と呼ばれるタイプが多いです。

 

長時間座った姿勢でいることにより、下半身の血流が悪くなってしまうため、ふくらはぎが溜まった血液で圧迫されて腫れができてしまいます。

 

他には、血液中の脂肪がたまることでできる静脈瘤、動脈硬化などの病気の前兆として、ふくらはぎに腫れや痛みが現れることがあります。

 

こうした場合、早期発見が治療の鍵となりますので、すぐに病院で診察を受けましょう。

 

ふくらはぎに腫れ・痛みを引き起こす原因は、日ごろの生活習慣にあります。

 

脂肪分の多い食事のとりすぎ、飲酒や喫煙のやりすぎ、運動不足など。

 

現代人にありがちな習慣が、時として恐ろしい病気を引き起こしているのです。

 

そのサインがふくらはぎに痛みや腫れとして現れていますから、まずは生活習慣の見直しから始めることが、ふくらはぎの痛みや腫れの予防の第一歩ですね。

スポンサーリンク