高血圧でふくらはぎに痛みが…という方はこんな病気にご注意を!

高血圧の方は、様々な病気のリスクを抱えています。

 

動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中など。

 

いずれも死につながる可能性の高い、恐ろしい病気です。

 

高血圧による病気のリスクは、全身の至る所に存在します。

 

特に、ふくらはぎの痛みを始めとする、足に何らかの症状を抱えている方は、血管の病気を抱えている可能性があります。

 

ふくらはぎの痛みが長時間続くのではなく、歩くときだけ痛みがある場合は、閉塞性動脈硬化症の前兆かもしれません。

 

初期の段階で発見できれば、治療も軽くて済むのですが、症状が進んでいくと、最悪の場合足の切断という結果を迎えることもあります。

 

高血圧は喫煙・飲酒・高カロリーや脂肪分・塩分の多い食事と言った生活習慣によって、簡単に引き起こされます。

 

また、高血圧であることによって病気にかかりやすくなったり、ふくらはぎがむくみやすくなるといった弊害も出てきます。

 

冒頭で紹介した、高血圧の方に多い病気の一つ「動脈硬化」ですが、これはふくらはぎだけでなく、全身のどこにでも起こり得る病気です。

 

ただ、足の筋肉は日常生活でも負担がかかりやすく、必要な血液の量も多いため、動脈硬化になりやすいのです。

 

ただふくらはぎに痛みがあるだけではなく、そこに高血圧という症状が加わると、恐ろしい病気が引き起こされる。このことを念頭に入れておけば、日ごろから生活習慣を見直して、病気予防につなげることができます。

 

高血圧に、ふくらはぎを含む体の痛みがあるときは、何かの病気のサインだと思ってください。

スポンサーリンク