ふくらはぎが太い!しかも痛い!あなたに合ったタイプ別のケア方法を紹介

ふくらはぎが太い、時折痛いと感じるときもある。

 

というお悩みをお持ちのあなたへ。

 

実は、太い部分と痛い部分によって、ケア方法が違うことをご存知でしょうか。

 

特に血流が滞り、脂肪や老廃物がたまってふくらはぎが太い状態になっている場合は、自分のふくらはぎがどのタイプにあてはまるかを知って、ケアをしていく必要があります。

 

どんなふくらはぎのタイプがあるの?

 

まず、日本人に多いのが、内側のやや後ろが太いタイプ。

 

このタイプは、ふくらはぎを両手で挟み、中心部をちょっと痛いくらいにマッサージしていくケアが適切です。

 

手を動かすときはゆっくりと、下から上に向かっていくようにしてください。

 

続いては、ふくらはぎの内側が太く、外側のラインが痛いと感じるタイプ。

 

痛みと太い部分が別々にあるので、ふくらはぎ全体をマッサージするのがお勧めです。

 

特に、筋肉が張っている外側の部分を上下にマッサージを行ってください。

 

また、ふくらはぎが太くなくても、痛みを感じることが多い方は、下半身の冷えが進行している可能性があります。

 

足元を温める靴下や、足湯などを活用して、下半身の冷えを予防しましょう。

 

自分のふくらはぎがどんなタイプなのかを把握しておけば、効果的なケアができます。

 

ふくらはぎの太い部分、痛いと思う部分、さらには日常生活の習慣や体質など、総合して問題点を探しだし、ぴったりのケアをすることが大切です。

スポンサーリンク