下肢静脈瘤の治療は病院でどんな診察を行うの?

病院で治療の前に行うことといえば、問診ですね。ここでは、現在発生している症状は何か、その症状はどのくらいの期間続いているかなどを整理して、病状を探っていきます。

 

下肢静脈瘤の治療でも、最初に必ず問診を行います。問診の後は検査が行われることもあり、超音波を使って足の状態を詳しく探っていきます。

 

スポンサーリンク

 

下肢静脈瘤がどの程度進行しているかを見たうえで、治療方針を決定するのです。手術が必要となれば、その日程や手術方法を決める必要がありますから、継続して病院に通うことになります。

 

下肢静脈瘤の治療を扱っているのは、専門の病院もしくは一般の総合外科です。実は、下肢静脈瘤では皮膚に炎症やただれが現れることもあるので、皮膚科に行く方も少なくありません。

 

しかし、皮膚の治療はできても、下肢静脈瘤の治療はできないので、外科に行ったほうが良いでしょう。もしもふくらはぎに皮膚トラブルが起きたときは、血管が浮き出ていないか、足がつる感覚やむくみはないかを確認してください。

 

スポンサーリンク

 

皮膚トラブル以外にも、足がつる・むくむなどの症状が見られた場合は、病院は外科を選んだほうが原因を特定しやすいです。下肢静脈瘤の症状が現れていなくても、足に何らかのトラブルがあるときは、病院で相談することが効果的です。

 

必要な対策がすぐにとれるので、症状の悪化を防ぐことができます。下肢静脈瘤治療で病院に通うときは、診察から治療方針に至るまで、医師の話を良く聞いてください。

 

どんな選択肢があるのか、丁寧に説明を受けられれば安心できるでしょう。

スポンサーリンク