下肢静脈瘤を予防するためにはリンパマッサージが効果的な理由は?

下肢静脈瘤予防の一つに、ふくらはぎのマッサージがあります。ふくらはぎの血行を促進することで、血管が詰まるのを防ぐことが目的。むくみ改善や足やせにも効果的なので、日常生活に取り入れていただきたいのですが、一つだけ注意があります。

 

スポンサーリンク

リンパマッサージをするさいの注意点

それは、強く揉みすぎないこと。整体院などで受ける施術を連想して、かなり強い力で圧迫される方もいますが、かえって組織を痛めてしまいます。あくまでも血行を促進することが目的であり、刺激を与えすぎるのは禁物。

 

我慢できないほど強烈な痛みを伴うようなマッサージは、全く効果がありません。「少し痛いけど気持ちいい」という感覚が、ちょうどよい強さです。

 

もう一つ、下肢静脈瘤ができているときにマッサージをするのは危険という意見がありますが、重症になっていない限り、マッサージは行ってもよいのです。下肢静脈瘤の中でも、手術が必要なほど重症化しているケースを除けば、マッサージを行っても問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

もちろん、力を入れすぎないという条件が付きますが、マッサージ自体は可能です。予防やごく初期の症状改善という目的でマッサージを行うのは、有効な手段だと覚えてください。マッサージは体のコリをほぐすだけでなく、病気予防にも効果的。

 

そのことが分かっていただけたら、嬉しいです。日ごろ足がむくみがちな方、下肢静脈瘤が気になる方は、ふくらはぎマッサージを実践してみましょう。足先から心臓へ血液をおしあげるように、両手で揉んでいくと効果が出ます。

スポンサーリンク