下肢静脈瘤の予防方法は体操などの運動!食事にも注意!

下肢静脈瘤は予防が可能な病気です。しかし、現代の偏った生活リズムでは、知らない間に下肢静脈瘤の症状が進行していくことも珍しくありません。下肢静脈瘤の予防のためには、何が大切なのか。現代人を取り巻く「生活タイプ」から、対策を探っていきましょう。

 

スポンサーリンク

下肢静脈瘤の予防は血液の流れを良くすることがポイント

まずは、デスクワークが多くあまり体を動かさない方。このタイプはふくらはぎの筋力が弱く、血流が滞りがちなので、運動やマッサージを取り入れてください。マッサージを行う場合は、体が温まる入浴後が最も適しています。

 

運動はウォーキングなど、体への負担が少ないものを選んでください。あくまでもふくらはぎの血行促進が目的なので、毎日続けていくことが大切なのです。次に、食事が不規則で栄養が偏っている方。

 

炭水化物や脂質が中心の食事を続けていると、肥満につながります。血液中に脂肪がたまり、いわゆる「ドロドロ血」になってしまいますから、野菜類を積極的にとってください。

 

スポンサーリンク

 

また、男性よりも女性のほうが、下肢静脈瘤を発症する割合が高めという点も、気を付けてほしいところ。体型を補正する下着やハイヒールなど、下半身を締め付けるものを身に着けていることが、少なからず影響しています。

 

休日はゆったりした靴を履くなど、できる範囲で衣類や靴による締め付けを軽減してください。ほんの少しの心がけで、下肢静脈瘤は十分に予防できるもの。さっそく、今日から実践してみてください。

 

生活習慣を変えるだけで、足にかかる負担も軽減できます。

スポンサーリンク