下肢静脈瘤の原因・治療記事一覧

下肢静脈瘤ができているとき、血管の中では逆流を防止するための「弁」が壊れてしまい、血液が逆流しています。その結果、血液が血管内にたまってしまい、静脈が膨らんでしまう。下肢静脈瘤の仕組みを簡単に説明すると、このような流れになります。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});では、なぜ弁が壊れてしまうのでしょうか?もう少し詳しく...

下肢静脈瘤の治療は、通院から手術まで様々な方法があります。どんな治療方法が用いられるかは、下肢静脈瘤の症状に合わせて決められています。初期の段階では、医療用弾性ストッキングを着用したり、血液を固める硬化剤を注射することが主流です。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});弾性ストッキングに関しては、治療というよりも予防や症状...

下肢静脈瘤は、進行すれば手術をすることもある油断できない病気です。とにかく初期の段階で発見し、治療を行うことが大切。しかし、下肢静脈瘤の初期症状を見ると、むくみやかゆみ、足がつる感覚、冷えなど、日常でよくあるものが目立ちます。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});下肢静脈瘤の血管の浮き出方の特長ほかのところに原因があるの...

下肢静脈瘤は予防が可能な病気です。しかし、現代の偏った生活リズムでは、知らない間に下肢静脈瘤の症状が進行していくことも珍しくありません。下肢静脈瘤の予防のためには、何が大切なのか。現代人を取り巻く「生活タイプ」から、対策を探っていきましょう。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});下肢静脈瘤の予防は血液の流れを良くすること...

弾性ストッキングとは、通常のストッキングよりも伸縮性が高く、むくみ改善が期待できるのが特徴です。衣料品店はもちろん、コンビニやドラッグストアなどで売られているものも多く、手軽に買えるのが便利。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});弾性ストッキングはタイプ別で選ぶのがベスト種類も豊富なので、どれを選べばいいか、迷ってしまい...

下肢静脈瘤予防の一つに、ふくらはぎのマッサージがあります。ふくらはぎの血行を促進することで、血管が詰まるのを防ぐことが目的。むくみ改善や足やせにも効果的なので、日常生活に取り入れていただきたいのですが、一つだけ注意があります。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});リンパマッサージをするさいの注意点それは、強く揉みすぎない...

下肢静脈瘤の治療において、手術が必要になるケースもありますが、ほとんどの場合手術が必要となるケースはあまり見られません。多くの場合、医療用ストッキングを着用したり、注射を打ったりする治療法が用いられます。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ただし、伏在型(ふくざいがた)という状態である場合は、手術が必要となります。下肢...

病院で治療の前に行うことといえば、問診ですね。ここでは、現在発生している症状は何か、その症状はどのくらいの期間続いているかなどを整理して、病状を探っていきます。下肢静脈瘤の治療でも、最初に必ず問診を行います。問診の後は検査が行われることもあり、超音波を使って足の状態を詳しく探っていきます。スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({...

下肢静脈瘤のレーザー治療は極めて傷口を少なくする治療です。さらにレーザー治療は保険が使えるものも増えてきています。下肢静脈瘤は、症状に合わせて様々な治療法が用いられます。症状が軽ければ、弾性ストッキングや注射といった体に負担が少ない方法で治療が可能。しかし、コブがはっきりと表れるような重い状態の場合、手術をする必要があります。外科手術といえば、体にメスを入れて大きく切開するイメージがありますね。下...

スポンサーリンク