七不思議!なぜバレエダンサーのふくらはぎは太くならないのか?

バレエダンサーはハードな運動でふくらはぎを酷使しているはずなのに、ふくらはぎが太いダンサーを見たことがあるでしょうか?今回はバレエダンサーのふくらはぎがなぜ太くならないのか?という事について解説します。

 

スポンサーリンク

バレエダンサーはここが違う!太くならないふくらはぎの筋肉の使い方!

ふくらはぎのダイエット方法には、様々な種類があります。マッサージや運動、生活習慣の改善など、数えていけばきりがありません。運動という一つの分野に絞り込んでも、その種類は多様に分岐しています。

 

※参考:ふくらはぎのダイエット方法記事一覧

 

ただ、運動によるふくらはぎダイエットには、次のような事例もあります。運動をして筋肉が肥大し、かえってふくらはぎが太くなってしまった。本来ふくらはぎを細くするために始めた運動なのに、どうしてこのような事態が発生するのでしょうか?

なぜバレエダンサーのふくらはぎは太くならないのか?

答えは、ふくらはぎの筋肉の使い方にありました。ふくらはぎの筋肉ばかりを意識して動かすと、必要以上の負荷をかけてしまうため、ふくらはぎの筋肉が太くなってしまうのです。ふくらはぎを運動によって細くするのなら、周辺の筋肉も合わせて動かし、負担を分散させる必要があります。

 

スポンサーリンク

 

そこで最適な運動が、バレエなのです。バレエダンサーの足を想像してみてください。太ももからつま先まで、美しいカーブを描いた形になっていますよね?バレエではジャンプやターン、つま先立ちといった足に負担のかかる動きを沢山行います。

 

それでもふくらはぎが太くならないのは、使う筋肉を広い範囲に分散しているからです。股関節から足を動かし、それを太ももからつま先にかけて徐々に使っていく。この動きこそ、ふくらはぎを美しい形に保つ秘訣だったのです。

 

あなたが運動によってふくらはぎを細くしたいと考えているのなら、バレエの動きを取りいれて、足全体を動かす事を心がけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク