ふくらはぎの筋肉を挫傷した時の応急処置のやり方

激しい運動をしていると、ふくらはぎの肉離れを起こしたり筋を傷めたりしてしまうことがあります。

 

一般的に筋肉や腱に打撃が加わったり無理に引き伸ばされたりした場合に挫傷という怪我になります。

 

ふくらはぎの肉離れなどは挫傷という種類のけがということになります。

 

非常に痛みが強く、運動した直後に痛みが発生するという特徴があります。

 

もしふくらはぎの挫傷になってしまったら、すぐに応急処置を行う必要があります。

 

ふくらはぎに限らずどの部位であれ、挫傷になった場合にはすぐに患部を冷やす必要があります。

 

アイシングと呼ばれる方法ですが、痛みを抑えて回復を早めるためには非常に効果的な方法です。

 

腫れが出てきたならアイシングをしながら包帯を上から巻き可能ならふくらはぎなどの部位を心臓よりも高く上げておきます。

 

こうして速やかに病院に行き医師の診断を仰ぎましょう。

 

注意点としてアイシングは20分以上行わないようにすべきです。

 

しかし挫傷になる前に予防ができればより良いはずです。

 

ふくらはぎなどの挫傷を未然防ぐためにはストレッチやウォーミングアップを行うことが重要です。

 

筋肉の柔軟性を高めるストレッチを行うとなおよいでしょう。

 

ふくらはぎや太ももは歩いたり走ったりと日常生活でも良く使用する筋肉の一つです。

 

挫傷してしまうと日常生活にも支障が出てしまうことがあります。

 

ぜひ運動する前にはふくらはぎや太ももをしっかりとストレッチをして、挫傷などのけがをしないようにしましょう。

スポンサーリンク