坐骨神経痛で痛むふくらはぎの症状のしびれや張りなど改善策はある?

坐骨神経痛は腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫されることでしびれや痛みを感じる症状です。

 

椎間板ヘルニアの方などによく見られる症状ですが、若い方でもなる可能性があります。

 

この坐骨神経痛は下半身のさまざまな部分に痛みをもたらし、お尻、太もも、すね、ふくらはぎ、足などに鋭い痛みを感じるようになります。

 

一般的に坐骨神経痛の場合、最初に腰に症状が表れた後徐々に下に降りていく傾向があります。

 

そして痛みがふくらはぎに表れている場合、それは坐骨神経痛の症状が悪化しているという証拠なのです。

 

ふくらはぎに痛みがあるということは、坐骨神経が長期間圧迫されている結果であると考えられるからです。

 

したがって、坐骨神経痛の方でふくらはぎに痛みやしびれを感じている方は、できるだけ早く専門家の診察を受けることが必要になります。

 

専門家の診断を受けると同時に、ストレッチを行って症状を改善することもできます。

 

坐骨神経痛でふくらはぎが痛いという場合、お尻や太もものストレッチ・マッサージを行うと改善が見られることが多いようです。

 

というのは、お尻にある上双子筋・下双子筋という筋肉が凝っていることが原因である場合があるからです。

 

太ももの裏側の凝りもふくらはぎの痛みの原因となります。

 

坐骨神経痛がふくらはぎを原因とするということはあまりありません。

 

坐骨神経痛でつらいという方は、できるだけ早く病院に行くとともに太ももの裏側のマッサージを根気強く続けるようにしましょう。

スポンサーリンク