ふくらはぎがまだら模様の時には最初にマッサージをしてみる!

座っているとふくらはぎの部分がまだら模様になっているという方。

 

このまだら模様は一体何なのだろう、と気になりますよね。

 

そのまだらは血行の巡りがあまり良くなっていないというものかもしれません。

 

冬場などは特になっているという方はまさにこれに当てはまるのではないかと思われます。

 

この場合は、ふくらはぎの血行を良くしてあげればいいのです。

 

では、一体どうやってよくしてあげればいいのか。

 

それは、ふくらはぎのマッサージです。

 

マッサージというのは、血液の流れをよくしてくれる効果があります。

 

マッサージというか、揉みほぐしてあげるというか。

 

ふくらはぎだけではなく、足の裏をもんであげるのも一つの方法だと思います。

 

揉んであげる事が出来ない時は、ふくらはぎや足の先を動かす事でも血行の巡りが少しよけなると言われています。

 

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれているのです。

 

その第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎを大切にしてあげて下さい。

 

ふくらはぎの、まだらは血液の循環が上手くできない事によって出来るもので、マッサージが良いとされますが、毎日のふくらはぎのマッサージもリフレッシュ効果やむくみ防止などが出来ていいと思います。

 

入浴後にやると、より効果が期待できますよ。

 

毎日の疲れたふくらはぎをお疲れという気持ちでマッサージしてみてはいかがですか。

 

翌朝、一番いい状態のふくらはぎでお仕事や通学してみませんか?

 

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク