ふくらはぎの柔軟で痩せる効果は?柔軟性を高めるメリット

ふくらはぎは歩いたり走ったりするのにとても重要な筋肉の一つです。

 

しかしただ日常生活で使う筋肉というだけではありません。

 

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるほど体の健康に大きく関わっているのです。

 

ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれる理由は、ポンプとしての働きにあります。

 

下肢に送られた血液をもう一度心臓の方へ送り返すためにふくらはぎは大きな役割を果たしているからです。

 

しかしふくらはぎの働きを高めるためには、筋肉が柔軟でなければなりません。

 

ふくらはぎの筋肉が固いとポンプとしての働きがうまくゆかず、新陳代謝が下がって健康を害することさえあるのです。

 

ふくらはぎの筋肉が柔軟であればリンパの流れなども促進され冷えやむくみを解消することもできます。

 

ふくらはぎの筋肉を柔軟に保つための秘訣がいくつかあります。

 

ハイヒールの靴は筋肉を緊張させて固くしてしまうので、なるべくはかないようにしましょう。

 

毎日立ち仕事をしていると筋肉の柔軟性がなくなってしまうので、一日に何度かストレッチをするようにします。

 

きれいな姿勢で立つということも筋肉の柔軟性を高める方法の一つです。

 

さらに精神的なストレスもふくらはぎの筋肉の柔軟性を奪ってしまう大きな要因となります。

 

できる限りストレスを少なくし、ストレスを発散する方法を見つけるようにしましょう。

 

ふくらはぎの筋肉の柔軟性は毎日の健康に欠かせない要素の一つです。

 

たかがふくらはぎと思わず、しっかりケアしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク