あなたは大丈夫?ふくらはぎに逆効果のマッサージは悪影響!

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、体の血液の循環に関して重要な役割を担っています。

 

そのためふくらはぎのマッサージやケアによって体調が良くなったり、アンチエイジング効果を得られたりすることもあります。

 

しかしマッサージの仕方を良く知っていないと、むしろ逆効果になってしまうこともあります。

 

例えば自己流のマッサージでふくらはぎを揉んでいる人もいますが、あまり強く揉みすぎると逆効果になります。

 

ふくらはぎにはリンパも流れており、強く揉むとリンパの流れを阻害してしまう恐れもあります。

 

揉むときにはオイルなどを利用すると適度な力を入れることができるでしょう。

 

ふくらはぎを細くするためにリンパマッサージをしている方も多いですが、やはり強く揉んでは逆効果です。

 

リンパ管は体内の余分な水分や老廃物を回収して大静脈へ流すという役割があります。

 

リンパ管の流れを良くするとふくらはぎも細くなり美脚効果が得られるのでリンパマッサージをするわけですが、痛いくらいにマッサージすると逆効果でよりむくんでしまうことさえあります。

 

リンパ管は皮膚のすぐ下を通っているので、リンパマッサージの場合は痛くてはダメです。

 

むしろ優しくなでる程度で十分通りが良くなるということを覚えておきましょう。

 

お風呂上りなど血行の良い時にマッサージすると非常に効果的です。

 

水分不足でマッサージをすると逆効果になってしまうので、しっかり水分補給をしてからふくらはぎのマッサージをするようにしましょう。

スポンサーリンク