ふくらはぎの疲労を早く回復させる!アクティブリカバリーのやり方

激しい運動をした後は筋肉痛になりやすいため、疲労回復のために休息をとることが勧められます。

 

しかしアスリートなどはより早く疲労回復をするためにアクティブリカバリーという方法を用いています。

 

そのために重要な部分がふくらはぎです。

 

ふくらはぎは足の先まで流れていった血液を心臓の方に押し戻すという大変重要な役割を果たしています。

 

このふくらはぎの働きを助けてあげるだけで疲労が驚くほど回復するのです。

 

その回復方法がアクティブリカバリーなのです。

 

具体的なふくらはぎのアクティブリカバリー方法をご紹介しましょう。

 

激しい運動をした後にすぐ運動をやめるのではなく、軽い負荷の運動を20分程度行います。

 

この時の目安は、疲れるほどではなく爽快感を感じる程度の方がアクティブリカバリーには効果的です。

 

さらに適度な運動によって疲労物質を体内に溜めなくてすみます。

 

そしてふくらはぎの働きをアシストするために着圧ソックスや着圧タイツを着ます。

 

たったこれだけでアクティブリカバリーを行うことができるのです。

 

アクティブリカバリーによってふくらはぎを含む下肢のむくみからの回復が通常時の0.8%から2.7%に伸びたという結果もあります。

 

アクティブリカバリーを行っておくと翌日の仕事や日常生活にも支障をきたさずにすむかもしれません。

 

ふくらはぎなどは筋肉痛になるととてもつらい部分ですから、アクティブリカバリーによって素早い回復を促進するようにしましょう。

スポンサーリンク