マラソンでふくらはぎがつるのはフォームが原因?走り方のコツとは?

マラソンをしている方でふくらはぎがつってしまうというかたは、少なくはないのではないかと思います。

 

なぜ、マラソンでふくらはぎがつってしまうのか、それをご紹介していきたいと思います。

 

マラソンでふくらはぎがつってしまう原因、それは足首を使ってしまって地面を蹴り飛ばして走ってしまっているという事です。

 

ふくらはぎというのは小さい筋肉であるので、ふくらはぎの筋肉をギュッと小さく収縮して蹴り飛ばしていると、すぐに疲れてしまうのです。

 

なので、マラソンなど長時間にわたって走り続ける場合にはこの走り方をするとすぐにばててしまい、そしてその結果ふくらはぎがつってしまうのです。

 

では一体どうすればいいのでしょうか。

 

足首をテーピングなどで固定し、腰・ももの筋肉で走るようにします。

 

足国を固定する事によって、当たり前ですが足首で走る事が出来なくなりますよね。

 

そこがねらいです。

 

マラソンで足首を使ってしまっているのですから、足首を使わないようにすればいいのです。

 

そうして、ももを上げるようにし、脚全体の体重移動で走るようなマラソンフォームにします。

 

脚だけではなく、腕もきちんと振ってくださいね。

 

マラソンでふくらはぎがつってしまう方はぜひ、これを参考にして実践してみてください。

 

これ以外にも他に理由があるかもしれませんが、まずは試してみて下さい。

 

テーピングの他に足首を固定してくれるバンドもありますので、それを使う事も有効です。

スポンサーリンク