固くなったふくらはぎを劇的に柔らかくする3つの効果的な方法

ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。

 

というのは、足の先にある血液をもう一度心臓の方へ押し戻すという役割を担っているからです。

 

しかしこのふくらはぎの筋肉が固くなってしまうと、血流が滞ってしまい健康や美容に悪影響が出てしまいます。

 

こうした悪影響を防ぐためにもふくらはぎの筋肉を柔らかくすることが必要になります。

 

ふくらはぎの筋肉が柔らかくなっていると、むくみが解消されたり、ふくらはぎ自体が細くなったりといいことがたくさんあります。

 

ふくらはぎを柔らかくするための方法で代表的な方法を3つお話します。

 

まず1つ目の方法がマッサージです。

 

老廃物が溜まっていると筋肉は固くなってしまいます。

 

そこでマッサージによって老廃物の排出を促進し、ふくらはぎを柔らかくすることができるのです。

 

2つ目の方法が、ふくらはぎを温めるという方法です。

 

筋肉は冷えると固くなってしまうので、お風呂で温めることによって柔らかくすることができます。

 

お風呂でふくらはぎを温めると血流も良くなり一石二鳥です。

 

3つ目は、白湯を飲むというのも効果的な方法です。

 

マッサージは外側から老廃物の排出を促しますが、白湯は体の内側から同じことをしてくれます。

 

両側から血行を促進することによってふくらはぎを柔らかくできるでしょう。

 

さらに日常的に軽い運動をすることによっても柔らかい筋肉を手に入れることができます。

 

ぜひ日常生活のちょっとした意識を変えて、ふくらはぎの筋肉を柔らかくし、美しい足や健康を実現できるようになりたいものです。

スポンサーリンク