ブーツを美しく履くふくらはぎの条件!これであなたもふくらはぎ美人かも?

冬のオシャレアイテムと言えばブーツですが、よく仕事前と仕事終わりとで、履けていたブーツが入らないなんてことはありませんか。

 

それは、ふくらはぎは浮腫みのせいで膨張して大きくなっているからです。

 

そんなふくらはぎの浮腫みの原因は、水分の取り過ぎだと言われています。

 

人間の身体の約80%が水分だと言われているくらい、人間にとって水分を取ることが大事なのですが、寝る前に飲み過ぎたり余分に摂取することで、ふくらはぎに水が溜まり膨張してしまいます。

 

特にロングブーツを履く時に困るのが、この浮腫みのせいでブーツの形が付いたり、朝は入ったのに夜履こうと思ったら入らなかった、なんてこともあります。

 

また、ふくらはぎの浮腫みの原因は、それだけではありません。

 

女性は男性に比べて筋肉量が少なく、ふくらはぎに血液や老廃物が溜まってしまうなんてこともあります。

 

そんな状況なので、血液の循環が滞り、最終的には老廃物がふくらはぎに蓄積して、浮腫んでくるのです。

 

このふくらはぎの浮腫みを取るためには、リンパの流れを促進させるリンパ腺のマッサージや、体操、生活習慣の見直しが大切です。

 

しっかりとケアしてあげることで、ブーツを履いた時の線や形が付きにくくなり、浮腫みともおさらばできます。

 

もし空いた時間に効果的にふくらはぎを細くしようと考えているなら、ブーツを美しく履くためにもかかとストレッチをと呼ばれるふくらはぎの体操をすることで、血の巡りが良くなり、浮腫みを解消できます。

スポンサーリンク