ふくらはぎの老廃物を流す効果的な2つの解消ポイント!

ふくらはぎは老廃物が溜まりむくみやすいポイントです。

 

朝起きたらふくらはぎが老廃物が溜まってパンパンになってしまっているというのは珍しいことではないでしょう。

 

特に冷え性の女性は、ふくらはぎに老廃物が溜まってパンパンに膨らんでしまっているのではないでしょうか。

 

むくみや張りがありますと、どうしても太って見えてしまうものですので改善に取り組むようにして下さい。

 

ふくらはぎのむくみや張り、老廃物を改善したいのであれば「ツボ」を押すことをオススメします。

 

ふくらはぎのむくみや張りを抑えることが出来るツボは沢山あります。

 

だん中と呼ばれるつぼは効果的です。

 

左右の乳首の中間にある助骨部分にありますので、直ぐにツボを押すことが出来ます。

 

このだん中と呼ばれるツボは血行の循環を良くするのに向いています。

 

老廃物によるむくみや張りを改善させていくために大切なことは、血液の流れを良くすることです。

 

だん中のツボを押す時には、ゆっくりと息を吐きながら前かがみになるようにしましょう。

 

そして息を吸うときには逆に姿勢を元に戻すという動作をすると良いです。

 

この動作を2分ほど繰り返すと効果的です。

 

そして足の裏にも老廃物がたまったむくみを取るのに効果があるツボがあります。

 

湧泉と呼ばれるツボになります。

 

このツボは土踏まずの少し上あたりにありますので、そこを2分ほど押していきましょう。

 

むくみなどが気になる人にはオススメです。

 

それ以外にもふくらはぎの老廃物を流すのに効果があると言われているのが委中です。

 

膝裏の真ん中当たりにありますので、座りながらでもツボを押すことが出来ます。

 

仕事の休憩の合間などでもツボを押すことが出来るので暇な時にでも押してみましょう。

スポンサーリンク