ふくらはぎを目立たなくするワンピースの着こなし術!

ふくらはぎがむくんでいたり、筋肉質で太く見えていたりすると、ワンピースには抵抗がある。そんな方々のために、ふくらはぎを目立たなくするワンピースの選び方を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

 

第一のポイントは、裾の長さです。くるぶしが隠れるマキシ丈や、ふくらはぎあたりまで隠れるミモレ丈を選べばまず心配ありません。気になる部分を隠してしまえば、体型もバランスよく見せることができます。

 

背が低いから長い丈は難しい!という方は、顔の周辺に小物をあしらってみましょう。帽子やネックレスなどを使って視線を上げれば、背の低さも強調されません。

 

第二のポイントは、ワンピースの色です。横に広がって見えてしまう暖色系よりは、引き締め効果のある寒色系の方が着こなし安いです。特に黒は引き締め効果が高く、ストッキング・タイツ・靴も黒で統一すると、下半身が1つの線で結ばれます。

 

色が分断されないので、ふくらはぎの形も目立ちません。膝上丈のワンピースを着るときは、下半身の色を統一するように心がけてください。最後のポイントは、ワンピースの形です。

 

スポンサーリンク

 

ふくらはぎが細く見えるワンピースの選び方は形が大事!

足が出るような短めの丈を着るときは、ウエスト部分が細く見える形を選びましょう。ウエスト部分で色が切り替えてあり、ベルトやリボンなど付属品がついているワンピースなら、ふくらはぎも含めて全身を細く見せられます。

 

アルファベットのXを描くようなシルエットになるようにするのがポイント。ウエストを細くすることで、他の部分の広がりが気にならなくなります。選び方に気を付ければ、ふくらはぎを気にせずにワンピースを着こなすことができます。

 

手軽な体型カバーとして、ぜひお試しください。

 

関連記事:ふくらはぎ大改造!リンパマッサージで理想の脚を手に入れる!

スポンサーリンク