ダイエットやマラソンに効果的なふくらはぎの遅筋を鍛えるメリット

ふくらはぎを部分的に痩せさせていきたいと考えている方は、きちんと速筋と遅筋の違いについても理解を深めていかれると良いでしょう。

 

筋肉にも種類があり、痩せるためには運動は欠かすことは出来ません。

 

この違いを理解した上で、運動などを取り入れていくようにして下さい。

 

速筋というは、瞬間的に力を発揮する筋肉のことを指しています。

 

これらの筋肉というのは、基本的に陸上選手でも短距離走を走られる方が、速筋を鍛えるのが一般的です。

 

瞬間的な力を発揮する筋肉になりますので、長時間維持することが出来ない筋肉でもあると言えます。

 

普段生活する上では、この速筋という筋肉は使うことはほとんどありません。瞬間的に筋肉を使う瞬間というのはないからです。

 

遅筋というの速筋とは違い、長時間力を維持する筋肉になります。

 

陸上選手の中でもマラソン選手などは遅筋を多く使っていることからも長時間維持する筋肉であることが分かります。

 

ダイエットで意識しなければいけないのは、この遅筋の方です。

 

その理由は遅筋というのは、脂肪をエネルギーとして多く使うという点です。

 

有酸素運動を取り入れる際には、ランニングなどを行うというのは遅筋を鍛えて脂肪を消費するという目的もあるのです。

 

ふくらはぎの部分痩せを目指していくのであれば、激しい運動ではなくウォーキングなどから始めるだけでも十分効果があります。

 

いきなり激しい運動というのは、ふくらはぎに負担もかけることになりますので気をつけましょう。

スポンサーリンク