ふくらはぎが太い人のためのクロップドパンツの着こなし方法

ショートパンツやクロップドパンツのように、足の一部分が見えてしまうパンツをはくとき、ふくらはぎが太い人はどうしても迷ってしまいますよね。

 

ふくらはぎが太いのが目立たなければいいのに…。

 

とお悩みの方に、ふくらはぎの太さをカバーできるクロップドパンツの履き方をお教えしましょう。

 

まずはパンツの選び方に気を付けてください。

 

クロップドパンツの丈はくるぶしが見えるくらい。模様はストライプ柄、できれば裾にスリットが入っているタイプだと、デザインの効果で縦長を強調し、ふくらはぎを目立たなくしてくれます。

 

この時、靴はヒールがあるものを合わせると、より縦長効果が発揮されます。

 

ジーンズタイプを履くときは、裾のロールアップを忘れずに。

 

ふくらはぎの周りも、少しゆとりのあるサイズを選んでください。

 

裾をロールアップせずにそのまま履いてしまうと、クロップドパンツが中途半端な長さで止まるため、足が短く、下半身が重たい印象を与えてしまいます。

 

クロップドパンツの着こなしでふくらはぎが太いことをカバーできたら、トップスにも工夫しましょう。

 

袖やウエスト周りに余裕のある、シフォン素材のブラウスやチュニックを合わせたり、シャツテイラードジャケットというスタイルもお勧めです。

 

この時、より縦長ラインを強調するアイテムとしてお勧めなのが、ネックレスやストールです。

 

ストールは肩にたらしてベルトに挟んでみたり、前で結んでネクタイ風に巻くと、寄り縦長ラインを見せることができますよ。

スポンサーリンク