ふくらはぎが太い人必見!ふくらはぎを出すことによっておしゃれな着こなしをゲット!

自分はふくらはぎが太いから、いつもゆとりのあるジーンズを選んでいる。

 

スカートはロング丈か、レギンスやトレンカを履いて太いふくらはぎを隠している。

 

おしゃれの中でも、ふくらはぎが太いのは大きな悩みポイントですよね。

 

しかし、たとえふくらはぎが太い方でも、おしゃれを楽しめるポイントがあるのです。

 

特に春〜夏の暖かいシーズン、足元の露出が増える時期に役立つ、ふくらはぎの太さをカモフラージュできる方法を教えましょう。

 

ポイントは、ふくらはぎを「隠す」のではなく「出す」ことです。

 

ふくらはぎが太い人がやりがちなファッションの中に、ショート丈ボトムとレギンス・トレンカを組み合わせるスタイルがあります。

 

一見引き締め色の黒を使って足を細く見せているつもりですが、実はこれが逆効果。

 

レギンスやトレンカの部分だけが目立って、かえってふくらはぎを強調してしまいます。

 

ふくらはぎの太さをカバーするコツは2つあります。

 

まずはふくらはぎを出す。そして、ボトムと靴をベージュ系で統一すること。

 

肌に近い色の服や靴を使って、下半身の色合いを統一するのです。

 

次に、上半身に特徴のあるトップスを持ってくること。

 

明るい色の服や、襟・袖に特徴があるもの、柄物などを使えば、視線が上半身の方へ向かうので、ふくらはぎから目線をそらすことができるのです。

 

ふくらはぎが太い方は、丈の短いボトムや素足を出すことに抵抗感を感じてしまいがちですが、ちょっとした工夫次第で、素足でもおしゃれを楽しむことができるのです。

 

今年の春・夏のファッションは、素足のコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク