ふくらはぎの部分痩せをしたい!効果的なマッサージ方法と仕組みについて解説!

下半身の中で部分痩せをしたい場所の定番の一つに、ふくらはぎがあります。

 

ふくらはぎが太くてジーンズやブーツが入らない。

 

ショートパンツが履けない。

 

夏でもレギンスを履いて目立たなくしている。

 

そんなお悩みを持つ方々も多いと思います。

 

ふくらはぎの部分痩せをするためには、まずふくらはぎの構造について知る必要があります。

 

人間の体全体で言えば、およそ7割が水分でできていると言われています。

 

しかし、ふくらはぎを構成しているのは、大半が「筋肉」なのです。

 

ふくらはぎは、下半身から上半身へと血液循環を保つための重要な器官であり、体を移動させ、体重を支えるときにもかなり負荷がかかる部位です。

 

そのため、筋肉の比率が高くなっているのです。

 

ふくらはぎが太くなっている原因は、過剰な負荷がかかって筋肉の比率が高くなっているか、血液の循環がうまくいかずに老廃物がたまっているかのどちらかです。

 

前者はスポーツをする習慣がある方、後者は立ち・座りなど、長時間同じ姿勢を続けることが多い方にみられる現象です。

 

どちらのパターンにしても、部分痩せに必要なことは、固くなってしまったふくらはぎをほぐすことです。

 

そのためには、ふくらはぎのマッサージをして筋肉を柔らかくしたり、老廃物の循環を促進させることが大切です。

 

マッサージをするときのポイントは、足首側から膝側へと、ふくらはぎを圧迫しながらもみ上げていくことです。

 

また、ふくらはぎのマッサージを行う時間帯も、部分痩せには欠かせない要素です。

 

体が温まり、血流が促進されやすいお風呂上りか、入浴中が、マッサージを行うにはぴったりの時間帯です。

スポンサーリンク