セルフケアから美容外科手術まで!ふくらはぎの痩身方法を徹底リサーチ!

ふくらはぎの痩身方法は、セルフケアから美容外科手術まで様々なものがあります。

 

セルフケアではマッサージや着圧サポーターなどを使い、徐々に細くしていくというもの。コストも低く、手軽に行えるのが長所です。

 

しかし、これらは根気よく続けることが大切。

 

すぐにやめてしまえば効果が出ません。

 

セルフケアの短所は、効果が出るまでに時間がかかるという点でしょうか。

 

一方、美容外科手術を用いたふくらはぎの痩身方法は、セルフケアよりも即効性が高いです。

 

ただし、費用が掛かること、リスクや副作用の可能性も考えると、慎重に判断したいところです。

 

ふくらはぎの病外科手術の痩身方法には、大きく分けて筋肉委縮手術と、脂肪吸引手術の2つがあります。

 

まずはどちらのタイプが自分に向いているのかを医師と相談し、次に細かな施術方法を決め、どんな方法でふくらはぎの痩身を行うのかを決定します。

 

最近は美容整形によるトラブルも多く、手術の失敗で思わぬ副作用に苦しめられる方も少なくありません。

 

安易に美容整形手術を勧めてきたり、手術後のケアの説明が不十分である場合は、他の病院で痩身手術を受けましょう。

 

部分痩せが難しいと言われるふくらはぎですが、無理に痩せようとしなくても、ファッションで体型カバーができる部分です。

 

どうしても気になるという方は、まずはセルフケアから始めてみましょう。

 

マッサージも短時間で手軽に行えるものもありますし、日常のちょっとした心がけ(定期的に足首を動かす)などで、むくみ予防もできます。

スポンサーリンク