ふくらはぎの筋肉を落として痩せたい!効果的な方法について解説

特にスカートを履く時に、大きいと目立ってしまうのがふくらはぎです。

 

ふくらはぎは、女性にとって痩せようと思っても痩せにくい部位で有名です。

 

ふくらはぎが太っていると感じる人は、なにが原因で太くなっているかご存知ですか?

 

実はふくらはぎの約70%は筋肉で出来ており、普段の生活の中で知らない間にふくらはぎに筋肉を付けている為、太くなってしまうのです。

 

例えば、ふくらはぎを細くしようとママチャリを1、2時間漕いだ場合、自転車を漕ぐとふくらはぎが痩せると思ってしたことでも、足の他の部位に比べて筋肉量が多いため、かえって筋肉が付いてしまい細くなるどころか、筋肉太りしてしまいます。

 

どうすればふくらはぎが細くなるのか。

 

それは、筋肉質なふくらはぎをしっかりマッサージをしてほぐしてあげることです。

 

まず「筋肉」というワードを聞くと、「硬くてがっちりしている」といったイメージになりますが、マッサージでほぐしてあげると強張った筋肉も柔らかくなります。

 

お風呂上がりは特に血行の流れがよくなる為、マッサージすることで老廃物が流れて筋肉が柔らかくなり、老廃物で硬くなって太っていた部分が、スッキリと細くなります。

 

よく、リンパマッサージをすると足が細くなると言いますよね。

 

筋肉もリンパマッサージで流れをよくすると柔らかくなり、余分な脂肪がこの時に燃焼されます。

 

筋肉が柔らかくなることで細くスマートなふくらはぎを手に入れることが出来ます。

 

ふくらはぎの筋肉がついてしまう原因をなくすことが大切

 

ふくらはぎが太い原因は様々です、脂肪やセルライトが原因で太ってしまっている人も居れば、筋肉が付いてしまって筋肉太りしている人もいます。

 

筋肉太りしてしまったふくらはぎを細くしていくためには、正しい歩き方で歩くことが大切です。

 

間違った歩き方をしていると、必要のない筋肉が付いてしまってふくらはぎが太くなってしまいます。

 

周囲の人間から歩き方が可笑しいなどの指摘を受けている人は特に注意して歩き方を矯正していくように意識していかなければいけません。

 

まず正しい歩き方は足を出す時には膝が曲がっている状態で出すことです。

 

そして足裏全体で地面に付けることを意識して下さい。

 

かかとから付けたりする人もいますが、足裏全体で受け止めることが大切です。

 

そして足が後ろに来た時には伸ばさずに、蹴り上げないようにしましょう。

 

これで無駄な筋肉がふくらはぎににつきにくくなります。

 

筋肉太りをしてしまったふくらはぎにはやはりマッサージ効果的です。

 

マッサージをすることによって老廃物を体から排泄させることが出来ます。

 

体に老廃物が溜まってしまっている状態ですと、筋肉も落ちにくく痩せにくい体になってしまいます。

 

しっかりと老廃物を体から排泄させていきましょう。

 

無駄な筋肉の他にもセルライトなどが出来てしまっている人は、特にマッサージは重要です。

 

セルライトは老廃物が体に溜まってしまっていることによって出来てしまいます。

 

それを体から排泄させることで新たなセルライトを作らない事ができます。

スポンサーリンク