美脚と思わせるふくらはぎのケア方法!美脚の定義から秘訣まで紹介!

ふくらはぎは、女性なら誰もが痩せにくくて悩むパーツの一つです。

 

ふくらはぎがすらっとしているかどうかで、美脚に見えるか見えないかが決まるくらい、シルエット的にもかなり注目されているのが現状です。

 

そんな痩せにくいふくらはぎを、美脚にする為に必要なことをまとめてみました。

 

まず、ふくらはぎの理想の大きさと現在の自分のふくらはぎの大きさとを測り、比較しておきましょう。

 

理想のふくらはぎの大きさの出し方ですが、身長×0.2で出てきます。

 

例えば、身長が161cmの方だと、161×0.2=32.2cmが理想です。

 

見た目でふくらはぎが痩せたから美脚になった、というのも大事ですが、実際数字で出すことでより意欲的にダイエットに取り組めます。

 

そんなふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれており、夏の冷房や秋冬の気温の低下で冷えてしまうと、水分が溜まり浮腫みの原因にもなります。

 

浮腫むとせっかくの美脚が台無しになるので、定期的にリンパマッサージをすることが大事です。

 

@アキレス腱から裏のふくらはぎを中心に刺激し、血流を良くする。

 

Aすねの骨の部分を下から上に流すように指圧する。

 

Bふくらはぎにある余分な肉を揉みほぐす。

 

C膝まで流すように手の平でさする。

 

通常のリンパマッサージなら、手の平でリンパに沿って血流を良くすることが多いですが、ふくらはぎのように筋肉質で浮腫みやすい部位で、しかも第二の心臓と言われるように刺激するツボが多いと、手の平で流すだけでは美脚になれません。

 

その箇所によって指圧したり、流したり、揉みほぐしたり、工夫することで硬くなった筋肉をほぐせて浮腫みも取れ、女性が憧れる美脚を手に入れることが出来るのです。

スポンサーリンク